上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、完全生中継…とまでは言いませんが速攻感想書きです。
それでは最終回感想どうぞ~

第13話「Misty 振り下ろされる刃」
・デュクリスの役割・目的
ガウリイが持つと光の剣が120%の力を発揮するらしい。
やっぱ正統継承者なのですね。
オゼルさんがデュクリスに情報を流したらしいけど、どこで仕入れたのかが疑問。
普通の人間の前では金色の魔王の力を使った術は(今作以外では)使ってないはず。
デュクリスは金色の魔王の術を使えるリナを狙っている…と見せかけてそれを持つリナをザナッファーに吸収させるのを防ぐために相手をしている?
この行動のもつ矛盾こそデュクリスと装着しているザナッファーの意思のせめぎ合い?とでも言うのでしょうか。
ザナッファー化しようととしていたデュクリスを持ちこたえさせていたのが怒りというならば、異常なまでの逆恨みによる行動にもそれなりに納得がいきます。
あ、オゼルさん復活した(笑)動きが人形チックで良い感じですね。
この人、いったいどこまで何を知っているのやら…凄い気になります。
とりあえず神滅斬(ラグナ・ブレード)を喰らっても滅びてないとこ見ると、魔族に生み出された存在でないことは確定ですね。
答えは第5部までお預け、と。

・セイルーン部隊とザナッファーが戦闘するも歯が立たず。
複線だったんですね、ここ。
リナが策を思いついた、いわゆる「決め手」となる手段を見つけることができたのもこれのおかげ。
しかもフィルさんの「セイルーンの宝はそこに住む人々じゃ!人が無事なら街は再建できる!」という台詞、実に彼らしくてGood!つか、スタッフ本当にフィルさん好きなのね…
親子でダブル平和主義者クラッシュを見せてくれたのもファンサービス?冷静に将来の嫁さん&義父にツッコミ入れるゼルがいい!(笑
ジラス砲がTRYからの流れを使っていて嬉しい限りです。
あとはシルフィールのニンジン・炎の矢(フレア・アロー)の威力が上がってて笑えた。

アイキャッチはゼロス。
できればもっと邪悪な笑みでお願いしたかった(笑
…ガウリイはいいとして、シルフィールはいらん。そこはリナガウでお願いしたかった!

・街中での戦闘、セイルーン壊れまくり(笑
リナの氷の矢(フリーズ・アロー)は微妙に複線?ゼルが青魔烈弾波(ブラム・ブレイザー)とまたいい魔法使ってる。
ちなみに、REVOLUTIONのゼルは前3作と違って精霊魔法を多く使っている気がします。
原作でも得意なのは精霊魔法のはずなので。
ちなみに、ガウリイが光の剣の刃を打ち出したのはしっかり避けていて、いかに魔術師舐めきっているかが伺えます。
原作でもコレのせいで油断して、それで負けたんですよね…再現してくれたのは嬉しい。
ザナッファーが神・魔族を超越するために生み出されたと豪語するザナッファーさん。
原作においてゼロスが「僕ぐらいの魔族ならともかく、下級の魔族たちにはかなり困ったことになりますからね」と言っていたのですが…まぁ、上級魔族が少ないとなれば多少の脅威とはなりえるのでしょうが、ちょっと大きな口叩き過ぎですね。
つか、ザナッファーの「超越者たちの呪縛から逃れ、この世に君臨するのだ」って、「あのお方への反逆」byゼロスですよね(笑
「あたしの支配者はこの世でただ一人、このリナ=インバースだけよ!」って啖呵がカッコいい!リナらしい台詞で好きです。

・振り下ろされる刃、滅び行く白銀の魔獣
礫波動破(ヴィーガス・ガイア)…聞いたことない。
セイルーン魔道部隊のアクアクリエイトを(ぬ、変換されない!?)、覇王氷河烈(ダイナストブレス)、氷結弾(フリーズ・ブリッド)に氷の矢とこれでもか!って氷系魔法で固めるわけで…魔術師の意地ってヤツを見せ付けたように見えました。
つか、覇王氷河烈キター!!魔王の5体の腹心、覇王グラウシェラーの力を借りた術で、リナが使える黒魔術の中でベスト10に入る(推定)威力です。
おそらく氷付けにするために使おうと用意したのでしょうが、咄嗟に閃光の吐息(レーザーブレス)のカウンターに使うって演出がいい。
リナの「自分には効かない魔法だって油断してたんじゃない?並みの魔法で作った氷なら~」って台詞の言い回しが、ザナッファーの裏をかいてやった&油断したわねっ!って態度が出ててカッコいい!
そしてガウリイ…おーい!折角リナが読んでくれたのにそりゃないんじゃ…オーバーヒート(笑)
慌てて詠唱に入るリナ、使いまわしが正直気に食わない。このシーンは氷柱を前に吹雪で折角カッコいいシーンなんだから、吹雪の中での詠唱にして欲しかった…
忘れさられそうになっていたデュクリスが登場、半分ザナッファー化しているのに根性見せました!と援護をもらって光の剣に根性叩き込むガウリイ、詠唱を続けるリナと蝶燃えな展開で多分13話通して屈指のシーン。
後半部分は書き直してて嬉しかった!感動した!魔方陣演出がカッコ良かったッス!
光と闇の刃で装甲を切り裂いて…ここで竜破斬(ドラグ・スレイブ)!装甲に穴、つまり魔法を防いでる壁に穴を開けたことで魔法が通るようになって竜破斬が通用したというほぼ原作と同じ展開です。
…ちなみに原作通りだと神滅斬で背中に腕が入る傷を付けて、そこに腕を押し込んで内部から両手の間で火炎球を炸裂!というかなりえげつない手段でした。
実際リナの腕もかーなーり酷い事になってましたし(笑

・エピローグ、デュクリスへの裁きなどなど
ザナッファーの瘴気を神聖樹フラグーンの種で解決、この辺は原作では無視されていた点なのでフォローとしても上出来やと思います。
デュクリスがザナッファーに乗っ取られたふりして襲い掛かるもポコタが止める描写。
結局光の剣を構えても斬れなかったポコタ、この部分は第5部でのリナへの伏線かもしれませんね。
止めなければならない立場になってどういう選択をするのかという…
「完璧な裁きなど誰ができよう?」というフィルさん、見た目以外は完璧な王子様ですよね~(笑
悔しさ、無力さを覚えておくと誓うポコタ、。歳を考えればまだまだフィルさんの域にたどり着くのはまだまだ先なので、いい王子になって欲しいと思います。
ズーマ、怖いって。レゾの壺はやっぱズーマが持っていたのね…誰かと融合するのか(だとしたら誰?)、それともル○○○ガ○○で人○となるのかどちらにしろ大変そう。

・第5部にむけて
…この終わり方だと、5部ではル○○とミ○ー○は出てこないのか?またポコタ&タフォーラシア中心?ちょっと不満&不安。
リナの言う通り、ザナッファー以外に何も解決してませんよね。
オゼルさんの正体、レゾの壺の行方、ゼロスの目的、ズーマのこと、今後の展開、何より地上波で放送があるのか!?
何はともあれ、か~な~り良い最終回やったと思います。
早く第5部が見たくてたまらんです!

ふ~、燃え尽きた…(笑
スポンサーサイト

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。