上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、Kappaです。
某赤黒チームの今季日程が発表されたので、さっそくネタ投下ですw
赤字がホーム、黒字がアウェイですよ~

第1節 3月8日(日) / 14:00 ベガルタ仙台 - 札幌ドーム
第2節 3月15日(日) / 13:00 サガン鳥栖 - ベストアメニティスタジアム
第3節 3月22日(日) / 14:00 ヴァンフォーレ甲府 - 山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
第4節 3月25日(水) / 19:00 湘南ベルマーレ - 札幌ドーム
第5節 3月29日(日) / 12:00 ファジアーノ岡山 - 岡山県陸上競技場桃太郎スタジアム
第6節 4月5日(日) / 13:00 ロアッソ熊本 - 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
第7節 4月12日(日) / 16:00 カターレ富山 - 札幌ドーム
第8節 4月15日(水) / 19:30 ザスパ草津 - 正田醤油スタジアム群馬
第9節 4月19日(日) / 13:00 セレッソ大阪 - 札幌ドーム
第10節 4月26日(日) / 16:00 横浜FC - ニッパツ三ツ沢球技場
第11節 4月29日(水・祝) / 16:00 愛媛FC - 札幌ドーム
第12節 5月2日(土) / 19:00 アビスパ福岡 - レベルファイブスタジアム
第13節 5月5日(火・祝) / 16:00 栃木SC - 札幌ドーム
第14節 5月10日(日) / 16:00 徳島ヴォルティス - 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
第15節 5月16日(土) / 14:00 FC岐阜 - 札幌ドーム
第16節 5月20日(水) / 19:00 水戸ホーリーホック - 笠松運動公園陸上競技場
第17節 5月24日(日) / 13:00 東京ヴェルディ - 札幌厚別公園競技場
第18節 5月30日(土) / 13:00 ヴァンフォーレ甲府 - 札幌厚別公園競技場
第19節 6月3日(水) / 19:00 栃木SC - 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
第20節 6月7日(日) / 16:00 サガン鳥栖 - 札幌ドーム
第21節 6月14日(日) / 13:00 徳島ヴォルティス - 札幌厚別公園競技場
第22節 6月21日(日) / 16:00 湘南ベルマーレ - 平塚競技場
第23節 6月24日(水) / 19:00 横浜FC - 札幌厚別公園競技場
第24節 6月27日(土) / 13:00 ベガルタ仙台 - 宮城スタジアム
第25節 7月4日(土) / 14:00 水戸ホーリーホック - 札幌ドーム
第26節 7月8日(水) / 19:00 愛媛FC - ニンジニアスタジアム
第27節 7月11日(土) / 14:00 ロアッソ熊本 - 札幌厚別公園競技場
第28節 7月18日(土) / 14:00 ザスパ草津 - 函館市千代台公園陸上競技場
第29節 7月22日(水) / 19:00 カターレ富山 - 富山県総合運動公園陸上競技場
第30節 7月25日(土) / 14:00 ファジアーノ岡山 - 札幌厚別公園競技場
第31節 8月2日(日) / 18:00 セレッソ大阪 - 大阪長居スタジアム
第32節 8月5日(水) / 19:00 アビスパ福岡 - 札幌厚別公園競技場
第33節 8月9日(日) / 18:00 東京ヴェルディ - 味の素スタジアム
第34節 8月16日(日) / 18:00 FC岐阜 - 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
第35節 8月22日(土) / 14:00 サガン鳥栖 - 札幌ドーム
第36節 8月30日(日) / 18:00 ザスパ草津 - 正田醤油スタジアム群馬
第37節 9月2日(水) 水戸ホーリーホック - 札幌厚別公園競技場
第38節 9月6日(日) 愛媛FC - 札幌厚別公園競技場
第39節 9月13日(日) ヴァンフォーレ甲府 - 山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場
第40節 9月20日(日) アビスパ福岡 - 室蘭市入江運動公園陸上競技場
第41節 9月23日(水・祝) ファジアーノ岡山 - 岡山県陸上競技場桃太郎スタジアム
第42節 9月27日(日) 湘南ベルマーレ - 札幌厚別公園競技場
第43節 10月4日(日) ロアッソ熊本 - 熊本県民総合運動公園陸上競技場(KKWING)
第44節 10月7日(水) セレッソ大阪 - 札幌厚別公園競技場
第45節 10月17日(土) 徳島ヴォルティス - 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
第46節 10月21日(水) 栃木SC - 札幌厚別公園競技場
第47節 10月25日(日) ベガルタ仙台 - ユアテックスタジアム仙台
第48節 11月8日(日) カターレ富山 - 未定
第49節 11月22日(日) FC岐阜 - 岐阜メモリアルセンター長良川競技場
第50節 11月29日(日) 横浜FC - 札幌ドーム
第51節 12月5日(土) 東京ヴェルディ - 味の素スタジアム


うーん…やっぱ試合数多いですねェ(苦笑
まだまだ遠征予定も立てていないのですが、6月ごろまでは大人しくしている予定です。
多分、4月位までで各チーム戦力の見極めが済むと思うので、それに合わせて行ったことのない地域を優先的に考えていこうと思ってます。
5、7、9月のホームゲームの多さは正に天国です!ヒャッホゥ!w
スポンサーサイト
こんにちは、1週間時間の遅れているKappaですw
18話放送されたのに17話の感想とかいってみます。

第17話「散りゆく光の中で」
・セルゲイとアンドレイ
軍の規律に従い、大勢の市民のために仲間(ホリィ)の命を見捨てた…諦めたセルゲイ。
軍の規律に従い、クーデターに参加した(と決め付けた)父を撃ったアンドレイ。
父とは違うことを証明するために軍に入ったはずなのに、取った行動は根本が同じもの…実に皮肉な構図となってます。
そして、アンドレイはそれを自覚していないのだろうか…激昂し父を撃つという行動の裏には、どこかで「信じていたかった父」が(事実は違うが)クーデターという裏切りを働き、6万もの市民やピラー近辺にいる一般市民を危険に晒したという思い込みもあったのでしょう。
とはいえ、肉親殺しは事実でしかなく真実を知る機会も恐らくはアロウズの情報操作によって闇に葬られることになるのでしょう。
彼の未来は何処へ繋がるのか…せめて、マリー=ソーマと殺しあうような、セルゲイが一番望んでいない未来だけは起こらないでほしい。

・ホーマー司令の覚悟
自分が全ての汚名を被り、世界を統一した後で罪を償うとでもいうのでしょうか?
やっていることが某火消しの風な人と似てますが…あ、むしろファーストシーズンのソレスタルビーイングにもか。
仮にそうしたとしても、嬉々として殺戮を楽しんでいるような人間がアロウズにいる以上はホーマー司令がいなくなった後に暴走しそうで怖いです。

・6万の人命
連邦が彼らをも抹殺して口を封じることに思い至らなかったハーキュリーさん。
どこかで、連邦がそのような暴挙に出ないと信じたかったのか…夢物語のような理想を掲げる人・人は革新できると信じていた人だからこそ思いつかなかったのか…

・リボンズとリジェネ
リボンズの台詞、他のイノベーターの創造主たる自分が全てを支配するというとってもコーナー家のバカモノ臭い台詞を吐いた時に思ったのですが、所詮リボンズも人間によって創造り出された存在でしかないという自覚がないようです。
彼のご高説で考えるのであれば、人類を統べるのがリボンズではなく、人間に使われるのがリボンズだということになりますがねw
どちらにせよ、リジェネとの溝が深くなったようです。

・守るための戦い
以前はどんな理由があろうとも戦いを受け入れようとしなかった、目を背けていた沙慈はもう何処にもいないですね。
本当に成長したと思います…頼まれたとはいえ、自らに出来ることを選んで行動している姿は17話分の成長を表しているかと。
…そんな沙慈の想いも空しく、自体は最悪の方向へorz

・トランザムライザー
制御のためにはオーライザーにパイロットが必要=一人の意思では発射できない。
威力はメメントモリにもひけを取らない兵器なので、こういったセーフティが必要なのでしょう。
いや、ディヴァインがゴミのようだw置鮎さんの扱いヒドスw
にしても、ディヴァインもの凄く人間臭い奴でした…能力がいくら高かろうが、ベースが人間という生き物である以上同じというコトなのでしょうね。

・そして発射されるメメントモリ
…普通、グッドマンさんとか死ぬよな(笑)あ、中にいないのかw
トランザムライザーを撃ち終えて、刹那の絶叫の中で堕ちていくダブルオーライザーがウイングゼロに見えましたわ(苦笑

・ピラー外壁オートパージ、そして…
ピラー全ての崩壊を防ぐための機能、しかしながらアレだけの破片が落ちていく様はまさに圧巻ですね。
そして、この現象はピラーの麓で戦っていた皆が戦いを止めるほど壮絶で…だからこそ、この未曾有の被害を食い止めようとその場にいた者の気持ちが一つになる。
つい先刻まで殺し合っていた者同士が一つになれる、なにか目的がれば世界は一つになれるということを証明しているシーンです。
スメラギさんの自らの正体を晒しての有視界通信での呼びかけに真っ先に動いたのはガンダムマイスター、彼らの迷いのない行動も引き金の一つになったのでしょうか。
つか、このシーンは何度見ても鳥肌が立つし感涙ものです!そしてアロウズの指揮官がマネキンであるからこそ、スメラギさんも信じてマイスターを撤退させなかった。ある意味、これもこの場にいる者として、危機に立ち向かっている者として気持ちが通じ合っているということでしょう。

・そして巻き起こる悲劇
…大佐orz
最初に書いたので略。全国ウン億人の大佐信望者を失意のどん底に突き落としたシーンです。
全ては気持ちのすれ違いが引き起こした悲劇だと思います。
父親としてアンドレイに接してやることの出来なかったスミルノフ大佐、父とハーキュリーの考えを理解しようともしなかったアンドレイ…
そして、この件がマリー=ソーマにどんな影響を与えるのか…

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。