上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、Kappaです。
21話感想、ちゃちゃっと書いちゃいました!
今回は順番かなりバラバラでいきます!

第21話「革新の扉」
・王留美の目的
…コーナー家の人並にちっちぇえな(笑
あの爆発の中で無事なことに首を傾げつつも、無傷でなかったのでやや溜飲が治まりました。
でもお兄様が無傷なのは納得いかん!
王家の当主になったが故に、自由が欲しくて世界を変革に…?ずいぶん個人的な理由でございます。
でも、ソレスタルビーイングの面々も理由はともあれ個人的な感情で世界の変革に賛同して参加しているのでこれもまた納得かもしれません。
紅龍が身を挺して助けたものの、結局ネーナによって殺されてしまうという、まさに飼い犬に手を噛まれたという感じです。
紅龍のあっけなく殺されたシーンとか、ファーストシーズンの静江さんが殺された時のようにあっさりしていて00らしいかな~と思いました。

・ネーナ・トリニティ
そんな王留美を殺したネーナですが、4年前の機体ではルイスの乗る最新型MAに敵う筈もなくあっさりと叩き潰されてしまいます。
個人的には同情の余地もないし、仇だの何だの言う割には自分のしでかした事は無自覚なのが腹が立つので、ある意味悲しいけどルイスの怒りに対して同意すらしてしまいました。
コレでネーナも退場、どんどん因縁にカタがついていってますね。

・沙慈
だぶるおーらいざーさぶぱいろっとのための存在。
って書いたら石投げられそうだ(笑)戦闘中はホントに役立たず…しかし、刹那の変革に真っ先に気付いたり、刹那のことがかなり気になって仕方ないご様子で(笑
ルイスが両親の仇を撃ったことを見ていたわけですが、どう彼女を連れ戻すのか…今後に注目ですね。

・アレルヤとソーマ
スミルノフ大佐との約束で何とか戦場に出さないようにしようとするアレルヤ。
こんな戦いを続ければ、いずれ自らも滅ぶと判っていても感情を抑えられない、ソーマの涙はそういう涙だと思います。
でも、アレルヤなら何とかしてくれると信じたい…つーか、しろ。

・ライル
兄と同じく刹那に銃を向けるものの、撃てなかったライル。
彼が撃たなかったのはニールと違い、自らの感情よりも世界を優先したからか…それとも、兄と同じで赦したからなのか…?
あの「兄さん…」という言葉はどちらのものなのか。
刹那は撃たれる覚悟もあったようで、見なくてもライルの行動を判っていたのはイノベーター化の影響ですね。

・作画
今回は更に酷い…ダブルオーの発進シーンとか、合体後の前進シーンとか酷すぎます。

・リヴァイヴとヒリング
刹那について冷静に分析するリヴァイヴ、感情的になりまくってるヒリング。
自分はこの二人、最後まで生き残るんじゃないかって思ってます。
理由は人間臭すぎるからというコト。リボンズさえいなくなればあっさりと世界に溶け込める気がしますし…

・ルイス
…アンドレイ、ざまあみろ。
仇を討っても何も変わらなかった、何も取り戻せなかったルイス、彼女はどう転げ落ちていくのか…
それを止められるのは沙慈しかいなくて、のこのこ遅れてやってきたアンドレイじゃないんだよ!

・カタロン
すっかりマリナ様保護団体と化してます。
誰がマリナ曲をラジオに流したかぐらい言えばいいのにね。

・リジェネの計画
全人類のイノベーター化?多分、リボンズよりはイオリアの計画に近いと思うのですが如何せん一番尻尾を出してないので予想がつきません。

・棒読みハロ
…リボンズ、もうちょっと何とかならんかったのか?
噴いたじゃねェかw

・本題
ここからがメインディッシュ、我等がグラハム・エーカーと刹那(+沙慈)の一騎打ち!

「4年ぶりだな、少年」
ついに仮面を脱いで刹那の前に現れたグラハム・エーカー、彼の中の真意を語り始めます。

「少年、ガンダムを失いたくなければ私の望みに答えてほしい」
と、刹那にとってマリナよりも何よりも一番大切なガンダムを人質(?)に取っての脅迫、前々話の彼の考えはコレだったのですね。

「真剣なる勝負を」
「この私、グラハム・エーカーは君との果し合いを所望するっ!」
やっぱり4年間で時代劇漬けになってたようで、グラハムに戻ってもこの口調…

「無論だ!私の空を汚し、同胞や恩師を奪い、フラッグファイターとしての矜持すら打ち砕いたのは他でもない…君とガンダムだ!そうだとも…もはや愛を超え、憎しみも超越し、宿命となった!」
「一方的と笑うか?だが、最初に武力介入を行ったのはガンダムだということを忘れるな!」
宿命!?って刹那も言いたくなりますが、既に同胞を殺された恨みや、誇りを傷つけられた憎しみは超えてしまったということは、ある意味ルイスよりも正気に戻りやすいのか?w

「全力を望むッ!」
すいません、作画がアレでなければどんだけワクワクできたか…w

「これが私の望む道・・・修羅の道だ」
「マスラオ改めスサノオ!」
「いざ尋常に・・・勝負!」
素直にカッコイイ!と思えてしまった自分は変態か?BGMがまた好きなのがきて嬉しいw

「全力だと言ったはず!
「戦いに集中せんか!」
温いのは無視、あくまで自分の戦いに集中させようと気合満々ですな。

「生きてきた!私はこのために生きてきた!たとえイノベーターの傀儡に成り果てようとも!この武士道だけはっ!」
あまりの気迫に、戦いに集中する刹那。そしてトランザムが生み出した世界で彼が見たものは自らの変革…

「埒が明かん!さすればっ!トランザムッ!」
…「奥義」ぐらい付けなさいwでも、トランザム言ってくれたのは嬉しかったり。

そしてイオリアの目的を理解し、自らの変革を自覚した刹那。
果たして彼の、ダブルオーという物語の行き着く先は?あと4話、どう展開するか、ガンダム!
スポンサーサイト

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。