上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、ちょっと浮かれ気分のKappaです。
とりあえず3話感想、見ながら書いてます(爆

第3話「邪教の街」
・続くドチビ&弟で…ネタ
こういう繰り返し大好き(笑)毎回豆粒ドチビに増幅してるし。
ロゼとのやり取り(真心w)とか、コーネロの「貴様がそうだったのかっ!?」とか何度も繰り返しで、使い回しっぷりがここまでくると気持ちいい。
嫌いな人は嫌いだと思いますが、ギャグパートを上手く使っている印象が今回のシリーズでは感じられて、自分は好きですね。

・ロゼとの出会い
うん、初対面で宗教信じきっているいけ好かない感じが出ていていい感じです。
「天罰が下りますよ」と言われた時のエドの自嘲的な表情とか、必要になってのレト教への転身(笑)とか、しっかり再現されてましたね。

・エドたちの名声
国家錬金術師・鋼(違)鋼の錬金術師としてのエドワード兄弟の名声は、名前を聞いただけでコーネロが焦ったり、街の人達も聞いて驚くようにしっかり轟いているようで、エド達の実力を示すバラメーターとして上手く機能していると思います。
そして練成陣ナシの練成でさらにコーネロに実力もお墨付きだと認識させて、さらに合成獣をあっさり倒すことで上乗せすると、少なからずいるであろう今シリーズから見る人にも彼ら兄弟の力を十分に示すことが出来たと思います。
そしてエドの赤マント脱ぎ捨てての立ち姿!今まで義肢を隠していたものを脱ぎ捨てて全てを晒すその姿は、何を言われようとも批判されようとも、アルの体と自分の腕と脚を取り戻すまでは立ち止まらない、そういう覚悟も内包しているシーンやと思います。

・逃げるアル達
うん、アルが話してるシーン見ながら書いてたら「エド達」じゃなく「アル達」になってた(笑)
エドが右腕化けさせるシーンとか(微妙に質量増えてる気もするが…)、ロゼとアルが話をしている時の、アルの鎧に弾痕が残ってたり細かいところまでしっかり書いています。

・黒エド
うん、エドに黒い役やらせるとかなりいい感じです(笑
教主の口から出たキーワード、「死をも恐れぬ最強の軍団」、コレっていま原作で大暴れのアレのことよね…?
ちょっとドッキリしました。
そしてアニメオリジナルのコーネロの練成暴走、コレは意表突かれました。イイ感じです。
賢者の石がニセモノだとわかったときのエドの脱力ッぷりが、今までの旅がどれだけ大変で長いものだったかを表していますね。

・ロゼとエド
「死んだ人間は生き返らない…二度と…二度と…!」この言葉を吐いている時のエド、ロゼの瞳をしっかり見て、自分に言い聞かせるように、悲しいが母が戻らぬことを自分に言い聞かせるように悲しい瞳で話していてよい仕事していると思います。
そして原作準拠で「立って歩け、前へ進め、あんたには立派な足がついてるじゃないか」と。
このシーンだけは絶対に弄らないでほしかったので良かったです。

・ラスト
何か軽薄なイメージが無くなってる気がする…いえ、色気はあるんですが(笑

何か短くなったな(苦笑
次回はタッカー編、マスタング大佐が既に出ているので電車ジャックは端折られるみたいですね。
ちょっと残念です…アレ?ヨキの炭鉱の話は?アレは必要なのでは?(笑
スポンサーサイト

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。