上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、座りすぎで腰が痛いKappaです。
日曜の天皇杯で寒くて寒くて体力消費が激しくてちょっとサボってました。
9℃で強風の中3時間以上外ですからね…そして試合内容も同じぐらいさm(ry

と、いうわけで(どういうわけよっ!)バクマン。4巻の感想です。

bakuman04.jpg

発売から1ヶ月遅れのスローペース感想です!(ヤケクソ

4巻の表紙は亜豆のアフレコシーン。
5巻は…見吉?

内容は
コンビ解消→サイコー&シュージンの迷い→コンビ復活(服部さんには内緒)→服部さんバレ→金未来杯エントリー→金未来杯ゲット!→連載会議&連載確定
といった流れです。
序盤では、コンビ解消した割にモヤモヤで実は解消したくないっぽいけど、言い出した手前後に引けなくなったサイコーが上手く描かれていて好きですね。
あと、コンビ復活してからのシュージンのノリノリっぷりは読んでて凄く気分良かったです。
まさに「水を得た魚」ってやつですね。
授業中もの凄い勢いでネーム描くシュージンと、ものすごい勢いで爆睡するサイコーとか、KOOGYの嫌な奴っぷりとか、「礼儀」と「国語」のトコとか、笑わせてくれたりして好きです。
コンビ解消→コンビ再結成時の流れで、サイコーがシュージンを「必要」としているって流れで、今巻冒頭のキャラを考えるのに四苦八苦しているシュージンと合わせてさらに絆が深まった感じが出ていて良いですね。
つか、サイコーが仕事場のカギのスペアを常に持ち歩いていたっぽいとことか、好きですね~。

あと、エイジのライバルとしてのカッコ良さもでてましたね。
亜城木と比較しているシーンではいつも「好敵手」と書けるカッコイイ「ライバル」なんですよね。
同じ連載作家同士、今後どういう絡みになるのかが楽しみです。

一方、亜豆サイドは何だか悪い方向に向かい始めているようで…サイコーにはシュージンや見吉がいて相談やらできる環境にいるけど、亜豆は孤軍奮闘って感じなのがちょっと怖いですね。
ここも次巻でどう動くのか…
最後のコマの感じから、担当も代わるのかもしれませんね。
何にせよ、続きが凄く気になってさっさと次の巻出ろ!って感じです。
スポンサーサイト

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。