上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、偏頭痛に負けそうなKappaです。
多分、脳量子波が増大してるのでしょう(違

第18話「交錯する想い」
・連邦軍→アロウズ化
予定通りの行動といったトコでしょうか。
クーデター情報を入手していたが動かなかった上層部、全ては連邦の全戦力をアロウズ化して敵対戦力を力で撲滅するための罠だった。
だからこそ、メメントモリをピラーに打ち込むことすら計画に入っていた…

・メメントモリ2号機破壊&マネキンの消息
マネキン大佐が消息を絶ったのは、セルゲイ大佐絡みでしょうか?それとも、アロウズに愛想が尽きたから?
再登場時にどういう立場で出てくるかが楽しみです。あと、コーラサワーはどうなったのかしら?
にしても、さすがにオービタルリングごとぶった切りにはしないわね(笑)ヲイヲイ!とか一瞬思ったんですが…(爆
つか、あの爆発でオービタルリングが無事なことのほうがビックリなんですが…
それにしても、ソレスタルビーイングは一転集中突破型のミッションにはホント強いですよね…

・シーリン浮気w
まりなさますてられたー(違
すっかりとダメ人間クラウスとくっついてる感じで…死亡フラグその1w
マリナ様の歌がラジオからってのは、やっぱ俺たちのイケダが頑張ってるのでしょうね。

・マリー→ソーマ
ソーマ・ピーリス復活!アンドレイが父を撃ったことを疑問に思う彼女、敵を撃つために戦っているとは思えないのですが、戦う理由は一体…
ロックオンの「理解してやれ」は彼が言うと(アニューのこともあるので)もの凄い説得力アリです。
沙慈もその言葉を受け止めてお悩みの様子。

・擬似GN粒子の毒性
ラッセは…爆発だけだから別に体が蝕まれる原因ってないよな…(苦笑)
でも、擬似GN粒子が原因っぽいですね。刹那も撃たれた傷口からそれが進行していると。
ルイスの薬はそれを抑えるためのものなのでしょうか?
症状の進行を抑えているのは、普段からツインドライブによる濃密なGN粒子に触れているからでしょうか?だからこそ、アニューがイノベイターにアクセスされた時に反応できた=脳量子波が増大している?
そう考えれば、それによって反応速度が向上している故に性能差を+してアリ・アル・サーシェスと互角に戦えたという考え方も出来ます。

・王留美とリボンズ
リボンズは旧世代の古き者達を切り捨てて、新しい人類=イノベーターのみによる世界を作り出そうとしている。
王留美はどんな犠牲が出ようとも今の人類が変革すべきだと思い、それを求めている。
二人が袂を分かつことは必須、それにしてもリボンズの挑発はコーナー家の誰かさんの性格に似てるかと…そして、その態度にリジェネも態度を硬化して留美に情報を渡すわけで。

・アンドレイとルイス
アンドレイ、嘘つきw「母さんの敵ぃ!」って言ってたやんw
そして父を撃ったことを聞いてのルイスの反応を見る限りでは、とアンドレイとの道が交差することは100%なくなったと思います。
(アンドレイの言い分を聞くだけなら)彼の行動が間違ってないことがわかっていても、それを受け付けることは出来ない。もしそれを赦してしまえば、自分の行動理念=両親の敵を撃つということが揺らぐから。
アンドレイの行動が、皮肉にも沙慈がルイスを引き戻すきっかけになりそうですね。
リヴァイヴとヒリング、からかってた相手が死んじゃったもんだから標的変更ですかね?wかまって君っぽくて子供みたい…
そして、対比のような形でその裏側で沙慈の決意か固まると。

・ヴェーダ奪還作戦
ヴェーダの場所を知るためにイノベイターの捕獲という作戦に出る刹那たち。
やはりという言葉をティエリアが使っているということは、セラフィムに搭載されているのはヴェーダ関連のシステムなのでしょうか?

・アニューとライル
ライル、死亡フラグ?w告白&過去話、てんこ盛りで…
アニューに家族のコトを聞いたときのアニューの反応、記憶を弄られているのがありありと見受けられた気がします。
そして、アニューがアクセスを受けた時に反応した面子…ソーマはわかるとしてやはり高密度のGN粒子で脳量子波が増している刹那がいました。
それに加えて、何となく気付いているライル…やっぱ、能力値の件からも強化された人?

・ビリーとブシドー
奥義に磨きをかけておいたってコトは、持続時間増大でしょうか?(爆
ビリー、ブシドーに念を押してよっぽどスメラギさんを抹殺してほしいみたいですね。

「みなまで言うな…先刻承知だ。」

と言った時の横顔が気合入ってて素敵でした。

・ティエリアと刹那
端折り過ぎたミレイナの言葉を聞いてちょっと微笑むあたり、フラグと見ていいでつか?w
刹那を気遣ったり、ホント人間らしくなったと思います。

・ソーマとアレルヤ
アレルヤは守る決意をしたようです。
…ハレルヤがどう絡んでくるかなw

・刹那と沙慈
刹那の「俺たちのガンダム」っていう言葉に刹那の成長が見えるなと感じました。ファーストシーズンなら「俺のガンダム」でしたからね。
沙慈は強くなりました。自分に出来ることは少ないが、それでもルイスを助けたい…その願いが強いからこそ刹那は「逢いに行こう、ルイス・ハレヴィに」という言葉を投げかけ、沙慈はそれに応じた。
この話、2人の人物の対話や対比を中心に描いたこの話で一番盛り上がったシーンでしょう。

・発進シーン
ミレイナ&ティエリアはいつも通り、でもこの2人は信頼し合っていると思います。
アレルヤとソーマ、アレルヤがマリーを護ると言い、発進の時に「アレルヤ・ハプティズム、ソーマ・ピーリス」と名を連ねたことからソーマ=マリーだという現実、戦うというソーマを否定しようとしていた自分の気持ちに決着を付けたことが伺えます。
ロックオンとアニュー、…狙い撃ちし過ぎだ!(笑
刹那と沙慈、「逢いに行くぞ、沙慈!」「ああ行こう、刹那!」ダブルオーライザーという2つの機体が合わさったMSの中で、ついに2人の気持ちも1つになった瞬間です。他人と繋がることの出来るMSなのだから、それに搭乗しているパイロットもそうあって然るべき。ついに待ち望んだ瞬間が訪れました!
…まだ合体してなかったけど(笑)合体バンクシーンがやっぱカッコいいですね。

・それぞれの想い
ルイス→沙慈
沙慈→ルイス
アンドレイ→母さん
ソーマ→大佐
アレルヤ→マリー
ロックオン→アニュー
ティエリア→ヴェーダ
刹那→ガンダム
…最後の二人、ここにきてそれか!(笑)
スメラギさんの「ミッション、スタート!」が男らしくて素敵でした!

・クラウスの隠れ家
あ、姫様…それとも、庇ったシーリン死亡ってオチか?
まさかマネキン大佐が助けたなんて離れ業かまさないよな?w

・次回予告
何だか、ルイスと沙慈は引き離されてルイスが洗脳とか強化されて新型で強制戦闘って図が頭に浮かんだんですけど…
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第18話「交錯する想い」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第18話を見ました。第18話 交錯する想い軌道エレベーター倒壊から四ヶ月が経過し、アフリカタワーの送電が再開するのだが、連邦がアロウズの傘下に下り、カティが行方不明になっていた。ソレスタルビーイングはメメントモリ2号機に向かっ...
MAGI☆の日記 2009/02/13 19:45

機動戦士ガンダムOO2nd.第18話『交錯する想い』感想

大佐の非業の死から一気に4ヶ月後…。ソレスタルビーイングが戦力を立て直すまでにこれだけの歳月を必要としていた訳で、物語はメメントモリの2号機の破壊から華々しく再開します。地球とアロウズはガチでタッグを組んだようです。なんちゅー住みづらい惑星に…。マリー...

『機動戦士ガンダム00 2nd』#18「交錯する想い」

「会いに行こう、ルイス・ハレヴィに」 タワーの事件から4ヶ月… ハーキュリーたちが起こしたテロの真相は情報規制により世界に知らされ...

時は流れた? 蒼き流星MSダブルオー第18話【追記完了】

 無人兵器の何がイカンのですか?「自分の手を汚さない」とかいいますが、じゃぁ命令を出す立場の人はみんな悪って事になりますよね。MS...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第18話感想

・機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第18話『交錯する想い』サブタイトル通り、数多の想いがそれぞれの形で交錯して行く様に心躍った今回。新たに多くの伏線を張りに張りまくった最終章への導入的なエピソードではありましたが、その分今まで抑えられていた キャラの…
RUNNER\'S HIGH 2009/02/14 02:47

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd season 第18話 「交錯する想い」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [DVD]クチコミを見る ☆<2/12更新>今回(第18話 「交錯する想い」)の感想をポットキャストにて収録! アニメブロガーが集まりワイワイと語っております。聴きたい方は↓をクリック ★ガンダム00 第18話感想談義 *?...

機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン 18話

#18 「交錯する想い」 アフリカタワー崩壊から4カ月。 連邦政府は真実を語らず、都合の悪い事は全て反連邦勢力のした事に。 そして、...

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。