上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、Kappaです。
19話書いてないのに20話感想で申し訳ないけど書いちゃいます。

第20話「アニュー・リターン」
・リヴァイヴ
どう見てもわざと捕まったようには見えませんが…機体を堕とされ逃げようとしてセラフィムに捕獲されといてよく言う!w
にしても、ラッセさん厄日だな…

・ピーリスさん
ミレイナw何だかんだと仲間想いのソーマさんです。
アレルヤが被弾した時もムキになって攻撃してますし、ライルが刹那殴ってる時もアレルヤと一緒に来てましたからね。
Cレベルの脳量子波使いってことは、Bがリボンズ以外のイノベイターでAがリボンズ?

・刹那とライル参上!(違
刹那が一目散に「こっちだ」ってアニューのところに行けたのは、ダブルオー鹵獲が目的だと読んだからか、それとも脳量子波の成せる業か…?
ライルの「世話になったな」という言葉を言ったときにアイコンタクトで意図を読んだのは”仲間”って感じが出てて嬉しかったです。
アニューから死角になっていたので気付かれなかったでしょうし。
あと、ライルが撃たれて心配した時のアニューの表情がいつものアニューで何だか安心したと同時にこの後起こるであろう悲劇に胸が痛みました。
こういう様子から、自分がイノベイターだという記憶を封印されていて、それを元に戻された感じですね。

・オーライザー強奪
銃を奪ったのが伏線だったとは…しかし、「勝手が違いすぎるっ」ってワガママやな(笑)コーディ○ーターのようにOS書き換えてみればいいのにwww
オーライザーのパイロットが登録式でないことの弱点が出てしまいましたね。
ハッチを自力で開けたり、トランザムで追いついたりと細かい描写がいい味出してました。
ドッキングで取り返すシーンなんてやっぱりと思いつつもハロ出現で「そうきたか!」と感心してしまいました。
ライルも脳量子波使えるのかしら?あのアニューの台詞はただの幻聴かそれとも…?
撃てなくて当然、ここで撃てたら今まで使って描いてたライルの描写が嘘になってしまうから。

・ライルの想い
刹那、空気読みすぎ…まるでライルの心を見透かすかのように語りかけていました。
脳量子波進化中?つか、言葉に出しているのに気付かれないと思っているライルもライルだがw

・しかし、貴女の操舵は…
ティエリア、酔っ払い運転だ!とでも言いたげw

・ルイスの新型
曲がる粒子ビームはどういう原理だ!?
GNフィールドの出力といい粒子ビームの出力といい…何だか、小型化したアルヴァトーレに思えてきました。

・ヒリング
性格悪いwぜひぜひ劇的に撃墜してやってくれw

・アニュー
ライルに撃墜されるために出てきた感じがしました。他には目もくれずにライルに一直線に挑んで行きましたし。
ガラッゾがエクシア、ガデッサがセラフィム、アニューの新型がケルディムを模したように…違うな、ガデッサはスローネアイン、アニューの新型がスローネツヴァイを模して作られたように見えます。

・リボンズの介入
馬に蹴られて地獄へ堕ちろ!w
折角分かり合えてた二人を引き裂く卑劣な「神」の行為、イノベイターは全員リボンズに意識を支配されてしまうのか?だからこそ、リジェネはリボンズに従うのか…?

・ダブルオーライザーの脳量子波の中で
リボンズに操られライルを撃つ寸前のアニューを止めたのは刹那、恐らくはアニューが望んでいたことを刹那がした形になったと。
愛するものを自らの手で強制的に操られて撃つという悲劇を、誰でもいいから止めてほしかったのではないでしょうか…トランザム状態のダブルオーライザーの中でその声を聞いたのか、はたまたロックオンを失いたくない気持ちから撃ったのかは判りませんが、自分は前者だと思いたいです。
イノベイターと人間は分かり合える、見下す対称でなく分かり合えるんだということを証明したライルとアニュー、最後は余計な横槍が入り悲劇になってしまったが、他人同士が分かり合えるということに種族の壁すらないという凄く嬉しくしてくれるシーン…アニューとライルの笑顔が素敵過ぎです。

・撃った刹那
ライルに八つ当たりされ…それでも、何もせずに殴り続けられる刹那…この時の刹那の表情が凄く悲しそうなのは、やはりライルの強い「悲しみ」を脳量子波で感じ取っているからなのかしら?
アレルヤが止めに入る前にティエリアが「やめる」と言ってるし、アレルヤ空気…(苦笑
そして地上にいるマリナの歌が聞こえるあたり、次の話で覚醒ですかね?
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン 20話

#20 「アニュー・リターン」 イノベイターとして行動を始めてしまったアニューとライルの関係に涙した回でした。 「もう一度お前を…...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話感想

・機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第20話『アニュー・リターン』ライル役の三木眞一郎さんの名演技と、後半の美麗な作画が印象的だった今回。ただ、肝心の悲劇に関しては感情移入が難しかった、というのが正直な所。その反面、細かい動きの描写に 非常に力が入っ…
RUNNER\'S HIGH 2009/03/02 03:00

『機動戦士ガンダム00 2nd』#20「アニュー・リターン」

「ねぇ、私たち分かり合えてたよね?」 分かり合ってる、なのに… イノベイターであるリバイバルを捕らえ、ヴェーダの所在を聞き出すCB...

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。