上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、ぼちぼち復活Kappaです。
身内は相変わらずですが仕事のほうはカタがついたので復活いたします。
…恥ずかしいので詳細は割愛、ホントは軽く愚痴りたいトコなんですが(苦笑

話は変わって、本はそれなりに買っていたので本のお話。
感想として記事を立てるほどの内容でもないので、全てまとめていきます!

・青空エール2巻
相変わらずポジティブなお話だと思いました。
ちなみに、高校デビューも読んでいない身なのですが、この著者さんの作品を読んでみたくなりましたよ。
期限が3年間…いや、引退あるから実質2.5年?と考えると、巻数はおのずと限界があるでしょうから、その短い中でどう物語を紡いでいくか楽しみです。
今の所、ゆっくり(時にはつまづいたり戻ったり)ながらも主人公が成長していっている姿を上手く描いていて、次の巻が楽しみです!

・サイン会はいかが?
えーと、語るまでもないかしら?(笑)元々原作のほうを読んだことがないのであんまし多く語れないのですが、原作を読んでみたい!と思いました。
前々から気になっていた「平台がおまちかね」が原作の大崎梢さんの作品だと知って、もの凄く興味がわいています。
次の旅行の時に持っていく本は、ひょっとしたら大崎梢さんの作品が大半を占めるかもしれません。
ちなみに、杏子さんも好みですが、多絵ちゃんが眼鏡だったら完璧だと思った自分はきっとアレハレに上下真っ二つにされて散るべきなのでしょう(笑

・自然体
ガンバ大阪の遠藤保仁選手の本、中村俊輔選手の察知力はどちらかといえばサッカーのプレー時に心得ておくことみたいなものを題材にして、ビジネス本に分類されるような行動心理とでもいうのかしら?そういうものでしたが、この本は遠藤選手がどういった経緯で選手生活を送ってきたか、プレーの変化やワールドカップを絡めてそういった内容が書かれています。
遠藤選手が嫌いでもない限りは読んでみて損はないと思います。
先述の察知力と読み比べてみても面白いかな…と。二人のサッカー観の違いとか、そういったものを比べて読んでみるのも一つの読み方だと思います。

・浮き草デイズ 2巻
たかぎなおこさんの最新作、分類はコミックエッセイとなっております。
何で自分が買っているかは聞かないで下さい…昔ある作品を買ってから気に入って、著書をまとめて買って現在に至るので…(笑
著者のたかぎなおこさんが、デビューするまでの苦労たっぷりの生活と、どういったきっかけでデビュー作の仕事が決まったかをほのぼのとした作調で描いています。
間違いなくファンの人には感慨深い作品になっていると思います!

・会長はメイド様! 7巻
買ってないですが…のぉぉぉ!美咲ちゃんがデレてるっ!こっちまでデレデレになってしまうではないかっ!(違)ってな感じです!
素直じゃない美咲ちゃんがもう可愛いです!つか、陽向クンにメイドがバレたことなんかどっかにすっ飛んでいくぐらい可愛かった!羨ましいぞ碓氷!(爆

こんな感じでしょうか。つか、コミック感想じゃないのも入ってるw
他にも買っていますが、感想書きたい作品が多いので今回はパスしておきます。
とろける鉄工所とか、ちはやふるとか…頑張ります!
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。