上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、ホタルノヒカリをエンドレスで5時間聴き続けているKappaです。
今月末からの劇場版NARUTOが楽しみですね。

さてさて、今日はうごかし屋3巻感想です。

ugokashi03.jpg

金魚屋でおなじみの、芳崎せいむ先生のビッグコミックオリジナルで連載中の作品です。
1話完結式、いつも通り1冊の本をヒント・或いは軸に「うごかし」に絡めて進んでいくお話。

この巻では、今までなかった2話連続のお話や社長の銀行員時代のコトとか、ライバル社のコトとか今までと少し違う形が加わっています。
それでも今まで作り上げてきた雰囲気は損なわず、さらに良い方向に運んでいると思いました。
この巻で好きなのは24話のピアノの「うごかし」のお話、1年後どうなるかがもの凄く楽しみで、ぜひそのエピソードを見てみたいと思わせてくれる話だと思います。

まだ半年ぐらいありますが、4巻を読むのが今から楽しみです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。