上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、第8話の感想を間違えて消してしまって慌ててgoogleのキャッシュから復元したKappaです(笑
こういう時undo出来ないFC2ブログ投稿場面が本当に厭になりますわ。

第9話「拭えぬ過去」
・ところがぎっちょん!
強い!強いぞアリー・アル・サーシェス!いくらイノベイターに強化されたガンダムとはいえ、発展型のガンダム2機を相手に圧倒しているのですからコレは強い!コレがパイロットの腕の差!それとも、2人とも冷静さを欠いていたためか?
にしてもこの戦闘、色々な要素が入ってました。
ファングの強化は脳量子波の量の問題?そこも改造されたのかな?
連結GNバズーカに脚部バズーカの隠し腕、アルケーも隠し腕あったり、爆煙の中から出てくるセラヴィーのカッコいいことったらもう!
つか隠し腕でなくバズーカ撃ったほうが早くなかった?(笑
ティエリア熱くなり過ぎで、危うくアリオスをビームサーベルで斬るトコだったし(笑
「クルジスの小僧め…しぶてぇ野郎だ」って台詞が感慨深くってちょっと好き。

・リジェネ、リボンズの思惑
アロウズの正当化のために自分達に対抗してほしいというリボンズ、あくまで事はスマートに運ぼうとするリジェネ。
リジェネは策を弄するのが好きなようで、いずれリボンズを欺くのかな?リジェネは「イオリアの計画」が「リボンズの計画」と摩り替わっていることに気付いているからこそ、ツインドライブが開発されたものではなくイオリアからもたらされたものでは?と指摘してますね。

・アンドレイ
うん、以外に男前(笑)でもしっかり過去を洗っている辺り小心者か?(笑
刹那がソレスタルビーイングの一員だと知って物思いにふけるルイス。
流石に隣人が自分の狙っている組織の人間だったことには驚いている様子ですね。
つか、猛スピードですれ違ったブシドーアヘッドを識別できるこの子って…(笑

・宇宙へ…
あんだけボコボコニ壊されたら修理、必要ですよね。
アリオスは応急処置だし、セラヴィーはバズーカを失った上に右足も損傷。
ダブルオーもオーバーヒートでダメージを食らってるし無傷なのはケルディムだけとなれば…
ルイスを話題に刹那と沙慈が、サーシェスを話題にニールとティエリアが会話しています。
ティエリア熱くなり過ぎで…KYなアレルヤが女連れマリー連れて登場でどうなるやら…

・作戦会議中
リヴァイヴに作戦を修正されるリント少佐に「ざまあみろ」と思いました(笑
「ワンマンアーミー」のライセンスを出しているのはイノベイターで確定ですね。
にしても、トランザムシステムの情報がどこから漏れ出したのかが気になります。恐らくは捕獲されたアレルヤか王留美…後者の可能性が高いですね。

・ロックオン
兄が仇を撃つという行動を取ったことを尊敬しつつも自分は違うと言わんばかりの態度をとるライル。
自分が家族の仇の組織だった一だと言う刹那を赦し、未来のために戦うと言う。
この辺がカタロンに所属している理由なのでしょう。大多数の人間が操作された情報の中で平和かもしれないけど、弾圧されている少数も含めた全ての人間の未来のために戦っていると。
刹那たちと行動理念は一緒なんですよね、大多数は平和だが世界には戦争があり、全員が平和に暮らすために戦争根絶という理想を戦って勝ち取ろうとする姿と。
イノベイターと戦うことを悩むティエリア、彼の選択する未来はあくまでイオリアの選んだ未来でしかないのか?それとも…

・ブシドーと嫉妬に狂ったビリー
「グラハ…」うん、わかるよその気持ち(笑)
ブシドーさんも「やはり新型を開発しているか」って何がやはりなの?(笑
「勝手にそう呼ぶ、迷惑千万だな」って誰が名付け親なんでしょう?案外こういう冗談が好きそうなリジェネ辺りだと思うんですけどいかがかな?
「貴官の開発主任就任の祝福を」「それと、思索段階のあの機体を、私色に染め上げて欲しい」はい、前者明らかに建前!そんな気持ち言っておけばOKとしか思ってないよこの人!だって「失礼と言った」って人だもん(爆
にしても、ビリーの腕は信頼してるんですね…機体がフラッグカスタムとアヘッドの子供みたいな感じに見えたのと明らかにブシドーが乗ると想定しての頭部が笑えた(笑
「最高のスピードと、最強の剣を所望する」…確かに、当てられない速度と何でもぶった切る剣を持っていれば敵ナシですが…どっかで聞いた話だな、オイ。
イヤ、ビリーも「合点承知」ってノリを良くしてる場合じゃないし、ブシドーは「…ん?無論だ、私はそのためだけに生きている」ってどこまでもハム節全開…というか、まさしく愛ですな(苦笑
「艦隊戦に興味はないな」と言ってダブルオーと戦う機会を逃している気もしますが、それ以前にビリーにも「ライセンス」のコト説明することになるのかな?(笑
結局、「心眼は鍛えている」とか言って、ブシドー呼ばわりされていることもまんざらじゃない様子です(笑

・作戦開始
悩めるティエリア、ここまで悩んだのって初めてじゃないのかな?変革は痛みを伴うのは当然で、ティエリアも自分の方向性を変えるために悩むことで心に「痛み」を抱えているのかな?
そして、拭えぬ過去…イオリアの計画やロックオンの存在に振り回されているのもそのせいで、ティエリアはどういう選択をするのか…つか、刹那とティエリアって間が悪いよね(笑
作戦開始で、魚雷の爆発を利用しての加速、トランザムを使っての速度上昇とGNフィールド強化による強行突破と実に豪快で荒っぽい作戦です。
ラッセの操船技術の高さも証明され、上昇を始めたせいでハロが転がっていくのも笑えました(笑
あまりの速度に驚いているアンドレイとルイス、それよりも攻撃が効かないことに文句言っているコーラサワーとやっぱコーラサワーずれてる(笑
あと、コーラサワーはオート射撃でも当たるのね(爆
ガデッサの高出力ビームを弾いたのはビビった。損傷出るかと思っていたけど、コレならアルバトーレのあのビームも弾けそう?
さらに起動をずらされた待ち伏せにダブルオーを早目に発進させて…トレミーを囮にしての奇襲で対応と、のんだくれの汚名を返上するかの如くな読みです。

・クジョウとマネキン
マネキン大佐には正体がバレました…まぁバレたとこで問題ないのですが(笑
リーサ・クジョウが本名、そんなんどうでも良くて学生時代のマネキン大佐がやたらと可愛かったことのほうが印象に残ってます!(爆
そして同士討ちの過去がやはり拭えないことを知ったスメラギさん、今後どういう風に向き合っていくのでしょうか…
ロックオンの敵討ちやイオリアの計画という過去に悩むティエリア、クルジスの小僧という過去から離れられないアリー・アル・サーシェス、ロックオンの家族の仇だった過去から逃れなかった刹那、家族の敵討ちという過去に縛られたルイス、それを気にかけたアンドレイ、クジョウとの過去から逃れられないビリーとマネキン、ソレスタルビーイングとの因縁という過去から抜け出せないブシドーとコーラサワー、ルイスを想う沙慈、そしてスメラギさんと何だかタイトル通りのお話でした。

・イノベイター
いよいよ本格的にイノベイターの力を借りることにしたカタギリ指令、次回以降どう関わってくるのか?
人材枯渇させて全滅させるのがソレスタルビーイングの目的になるのかな?ちょっと焦っている指令の姿を見て、長いけど決してゴールのない戦いではないことが感じられました。
そして全滅させただけでは多分終わらないでしょうから、そこから新しい何か・動きをするのがマリナ様ということなのでしょうか?
どういった展開を見せるのか実に楽しみです。

・次回予告
あ、リンダさんってミレイナちゃんのお母さんなのね…予告とキャスト見て気付いた。
ネーナは何に驚いてるの?
あの紫の髪の女性はシャル…?
さっそくブシドー新型機出現!オーライザーが出て逆転かな?ビームサーベルがハリセンに見える(笑
マリーはどしたのかしら?そして悩めるティエリア、向かい合うシーリンとマリナ様、セルゲイ大佐とどういう展開を見せるのか楽しみです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) 第9話「拭えぬ過去」

機動戦士ガンダム00 2ndseasonの第9話を見ました。第9話 拭えぬ過去「すまない、俺のミスだ」「だが見つけたぞ、刹那。世界の歪みを…そうさ、僕達はガンダムで世界を歪みを破壊する!!」「ところがぎっちょん!!」「あのガンダムは…!?」「スローネの発展型…?まさか!?...
MAGI☆の日記 2008/12/02 13:49

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 2nd SEASON 第9話 「拭えぬ過去」

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD] 刹那とティエリアの前に現れたアリー。圧倒的強さの前に為すすべのない刹那達。だが、その時・・・!

乙女はティエリアに恋してる 00第9話

 アロウズってちょっと悪く言われすぎだよね。連邦にしてもそうですけど、そんなに反体制が正義って事にしたいんでしょうか?そんなんだか...

機動戦士ガンダムOO(ダブルオー)セカンドシーズン 9話

#09 「拭えぬ過去」 「ところがぎっちょん!」 の言葉と共に現れました、アリー・アル・サーシェス。 この言葉を聞いた家人に変な顔を...

機動戦士ガンダム00 2nd season 第9話 感想

「拭えぬ過去」 炭酸の不死身伝説がまた1ページ…。 ぎっちょんはガンダム2機相手に余裕の立ち回りを演じるというのに、炭酸と来たら…。 あんな盲撃ちにやられるなんて、なんと奴らしい。 しかしいつもの如く危険な部位には被弾しないのは隠れた実力ゆえか、それとも?...
黒猫コミック館 2008/12/03 19:58

機動戦士ガンダムOO2nd.第9話 拭えぬ過去 感想

ぎっちょん、舌なめずりするなwロックオンの仇ー!!ティエりん、いつになくバーサクモードで、助太刀に来たアレルヤに当たり散らしてます。ブシドーはまたも単独で何かやらかすつもりで。上官に進言したリヴァイヴもライセンスがあるようで、この人もてっきりワンマンアー...

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 第09話 「拭えぬ過去」 感想 (完成版)

機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 (Blu-ray Disc)アバンから暴れまわるサーシェス。アルケーガンダムの性能とサーシェスの腕も相まって2体のガンダム相手に脅威のチート力を誇ります。セラヴィーの隠し腕に吹いた。ジ・O以来かもしれないなこういうの。そのサーシェ...

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。