上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、贈るプレゼントを自分で包装する店員のKappaですw
金曜に雪が積もらなかったら苫小牧確定なのですが、見事に積もりそうな予感…先週も先々週もそれでフイにしているので、お願いだから降らないで~!

今日はコレ、うごかし屋1巻感想です。簡潔ですがご勘弁を…

ugokashi01.jpg

荷物を運ぶだけじゃない、思い出や人の心、人生も優しく運ぶ「うごかし屋」、ひっこし屋ならぬうごかし屋のお話です。

金魚屋でおなじみの、芳崎せいむ先生のビッグコミックオリジナルで連載中の作品です。
依頼その8を誌上でパラパラと見かけて作品の存在を知り、コミック化に気付かずに発売から10日以上経ってから買ったという体たらくです。
実は作者買いで、内容は知らなかったりしたのですが…見事ビンゴでした!金魚屋と雰囲気がとても似ていて、登場人物が暖かく幸せな気持ちになれる作品でした。
工場をたたもうと思っているお父さん、旦那に家に閉じ込められている奥さん、スランプになる度に引っ越す”先生”、受験票を忘れた警察官志望の弟、元銀行の頭取で車椅子の老人、優しい「白い嘘」をつくお父さん、鉄っちゃん、真朱ちゃん、東さん、花さん、千草ちゃん…基本1話完結型の話に出てくるだけの人や「うごかし屋」の面々が織り成すストーリーはきっと読んだ人を幸せな気分にしてくれるでしょう。

「金魚屋」が好きな方は読んで絶対損しません!オススメ作品です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。