上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは、クリスマスって何?おいしいの?なKappaです。
やっと忙しいのが終わった~!でもこれから年の瀬の忙しさが…やさぐれながら頑張ります。
あ、雷落ちた(笑)外は吹雪で雷鳴ってます(怖

WJ2009 04.05合併号に掲載されたダブルアーツでおなじみの古味直志先生の読切作品、「APPLE」の感想です。
主人公は17歳の少年、新宮サトシくんで彼こそが「究極進化生命体」である。
ありとあらゆる動物(生きていれば微生物でも)に変身でき、超能力まで使えるまさに「超生命体」
色々な組織に狙われる毎日を過ごしているサトシだが、ある日彼の前に現れたグリム・スチュワートといういう少年との出会いが運命を変えていく…!

あらすじとしてはこんな感じ、細かい話は読んでほしいんで端折ります。
いつものように読んだ人ならわかるであろう感想でいっきまーす♪(アルル風

・ぼっちゃん=グリム
口車に乗せて操ろうと思って来たものの、あまりのサトシの純粋さに惹かれて一緒に住んでしまうグリムのキャラがなんだか凄く好きです。
喋り方は最初凄く丁寧だったものの、あまりのサトシのリアクションの軽さに口が悪くなったりするトコとか。
そんなグリムもサトシと同じぐらい純粋でイイ奴だと思います。
真剣にサトシが地球の危機を救った後に死なずに済む方法を考えたり、「友達を助けちゃいけませんなんて日本の六法全書にも書いてなかったぞ?」なんて素敵ゼリフ吐いてみたり、とにかく好きです。

・友達
グリムに不意に言われた「友達だと思っていたのにさ…!」という言葉を聞いた後の彼のつぶやき、驚くと共に嬉しかったんだろうなって…だからこそ、グリムが撃たれたときに今までにないぐらい怒り、今まで相手を負傷させたことがなかったのに初めて怪我をさせたりしたわけで…
そしてグリムの、友達の存在が本来「地球の危機」と相打ちになるはずだった彼の運命を大きく変えた…友達が死んだら悲しい、グリムが死にそうになってそれを感じ、グリムに同じ思いをさせないために何とかする手段を考え、そのために努力した。
まさにこの結果こそ、WJの掲げている「友情 努力 勝利」の大原則と言えるものでしょう。
そして、彼は生き残りグリムと、友達と過ごす日常を手に入れるkとが出来た。

・運命を変えたこと
グリムと過ごした日々の中に、伏線が隠れていたのは「キター!!」って感じでした。
まさかまさかアレはピンからキリまででああいう描写をしたんだと思っていたら、アレを解決方法として持ってきちゃうとは!
侮ってました…

・総括
テンポも良くて読みやすいし、名前のついた登場人物は二人だけなのに凄く内容ぎっしりで面白かったと思います。
読み切りというコトでいきなり感が少し大きかったのもありますが、ソレを差し引いても一読…いやさ、何度も読み返す価値があると思いますよ!
このまま細部を弄って連載に持っていってもいいと思いますし、さすが古味先生だと思いました。
次に作品見れるのはいつかなぁ…♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。